MENU

ヤマダ電機でソフトバンク光の申し込み?!

 

「ソフトバンク光へ申し込みをしたい!」
「それなら、できるだけ得をしたい!」

 

あなたも含め、誰でも同じ気持ちを抱くはずです。

 

結論から言うと、WEBの代理店で申し込みをしたほうが、キャッシュバック金額&振込速度が速いです!

 

【ヤマダ電機】

  • ありません(涙)

 

【当サイトおすすめWEB代理店】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • 開通後最短2か月で振り込み

 

 

  • ケーズデンキ:現金1万円
  • エディオン:JCB商品券1万円分
  • ビッグカメラ:JCB商品券1万円分

 

※新規回線の契約のみ
※転用は対象外です
※キャンペーンは月によって異なります。

 

 

※ちなみにどこで申し込みをしても”公式キャンペーン”は適用されるため、ご安心ください。

 

株式会社NEXT

 



 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

株式会社アウンカンパニー

 



 

 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光キャンペーン!新規も転用もキャッシュバック

 

 

 

ソフトバンク光の特徴&魅力を解説

 

最近のインターネットは光ファイバーを利用したサービスが主流となっていまして、この光ファイバーは多くのデータをやり取り出来ますので高画質の動画を閲覧する際や、
或いは大きなデータをダウンロードする際にスムーズに対応する事が可能となります。

 

そしてソフトバンク光では光ファイバーを用いたサービスをお得な料金で提供している点が特徴として挙げられます。

 

集合住宅の場合ですと月額3800円で使用する事が可能となっています。これに加えてソフトバンク光では、インターネット1回線あたりで10人までのソフトバンクの携帯料金を割引適用する事も可能となっています。

 

また現在、他社の光ファイバーサービスを利用しており、契約切り替えを行う事による違約金や撤去工事費用が発生した場合には一定額をキャッシュバックしてくれるサービスも提供しています。

 

スマートフォンをWI-FI利用してソフトバンク光の高速通信回線に接続しますと、
スマートフォンのデータ通信容量を気にすることなく高速通信を利用する事が可能となりお勧めです。

 

この様にソフトバンク光には多くの魅力が有りますので、光ファイバーの利用検討を行うならソフトバンク光が有力候補となります。

 

大手家電量販店のヤマダ電機の魅力

 

大手家電量販店のヤマダ電機は大手と言う事からも品揃えが豊富で、他の大手家電量販店と比較した場合、販売価格が安いなどの魅力を持ちます。

 

ヤマダ電機は他のお店の値段を調査して、業界最安値に挑戦する大手家電量販店であり、新製品を安く購入出来るなどの魅力もあります。

 

ちなみに、電化製品の価格はオープンプライスになっているケースが多く、お店がそれぞれ販売価格を定めています。

 

ヤマダ電機のホームページを見ると、他のお店よりも価格が安くなっているので、電化製品を安く買いたい人にとって魅力的なお店と言えましょう。
さらに、ヤマダ電機はポイントを貯める事でポイント分に相当した買い物が出来るのが特徴です。

 

ポイントの付与率が価格の10〜20%などの様に、1〜2割のポイントが付与されるため、価格が安い上に更にお得な買い物をした事にも繋がって来ます。

 

ポイントは、次回の買い物の時に利用出来るものですが、高額商品を購入した場合など、
次回の買い物の時に、比較的安い電化製品を買う場合、ポイント分だけで買い物が出来るケースもあります

 

大手家電量販店の中でも店員さんの態度が良いと言う評判もあるなど、価格やポイント、接客などに魅力を持つ家電量販店です。

 

ネット回線Q&A

 

ネット回線について

 

光電話※メリット・デメリット

 

近年では、光インターネットを携帯電話会社で使っている人も少なくないでしょう。

 

また、安い料金から、光インターネットを携帯電話会社以外で契約している人も少なくありません、今やインターネット環境は私たちにとってなくてはならない存在になってきています。

 

さてインターネットを使っている人のほとんどは自宅の固定電話もインターネット回線につなぐ、いわゆる光電話を使っている人がほとんどでしょう。

 

ひかり電話にするメリットは、電話料金がNTTよりも安いというのが挙げられます。

 

基本料金もNTTの場合1600円程度ですが、ひかり電話にすることで500円程度に抑えることができますので、通信費を大幅に削減することができます。

 

しかしそれと同時にデメリットもあります。それは、停電時に使えないということです。停電になれば一般の固定電話は使えますが、光電話は使えません。

 

さらに、光電話を使うためにNTTの契約を休止にしている人がほとんどだと思いますが、光電話にしてから10年が経過すると電話番号の加入権が無くなってしまい、インターネットを切り替えたりする場合のアナログ戻しができなくなり、番号が変わってしまう恐れがあります。2年ごとにアナログ戻しをしておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

新規と転用の違いとは?

 

今は自宅用インターネットの契約を携帯電話会社にまとめている人も少なくないでしょう。

 

家電量販店などに行き、固定インターネットの話を聞くと新規の話や転用という話を聞くことがあります。この違いはいったい何でしょうか。

 

新規とは、その通り新たにインターネット回線を引くということです。配線工事を行い、光ファイバーを屋内に引き込みます。契約も新たに結ぶことになり、すべてが新たな契約となります。

 

一方転用については、現在NTTのインターネット契約をしている人が、そのまま他社とインターネット契約を結ぶことです。

 

しかし、NTTのサービスを引き継ぐ形になりますので、原則NTT側には解約金がかかりません。しかし契約する会社自体は変わってしまうため、引き継げるサービスや特典には違いが出ます。

 

電話のオプションサービスやセキュリティーサービスについては引き継げるものと、引き継げないものがあります。
現在NTTからの転用で代表的なものはドコモ光とソフトバンク光です。そのほかNTT系のプロバイダもインターネットサービスを展開しています。

 

多くの人たちは、今の携帯電話会社とインターネットの契約の会社をまとめることで通信費を割り引くことのできるサービスを使う人たちが近年急増しています。